いろいろ散策
いろいろ散策
平成30年7月21日 土曜日

 6月30日から7月2日まで、青森県を旅行しました。
 目的は、奥入瀬・十和田湖・八甲田山 です。

奥入瀬1 


雲井の滝1


銚子大滝2


 奥入瀬を歩いた後、十和田湖の遊覧船に乗りました。

遊覧船


 翌日の日曜日、八甲田山を目指していると、十和田湖に
霧が出ていました。
 当然一番きれいな場所に急いで行きました。


霧の十和田湖1

霧の十和田湖2

 偶然とはいえ、大変きれいな景色でした。

 ロープウェイ山頂駅から、景色が良かったので、
よせばいいのに八甲田大岳を目指しました。

岩木山 かな ?


山頂から1


赤倉岳


八甲田大岳


 赤倉岳から八甲田大岳を目指して登り切りました。

 途中で私の悪い癖から、とんでもないことになりまし
たが、なんとかロープウェイ山頂駅に帰ることが出来ました。



平成30年6月25日 月曜日

 6月8日から11日まで佐渡島に行ってきました。

 目的は 「 トビシマカンゾウ 」 の写真撮影です。
 佐渡市役所に電話で状況を聞き、佐渡に着くとレンタカーを借
りて、一番最初に 「 大野亀 」 に行きました。


トビシマカンゾウ




トビシマカンゾウと大野亀



トビシマカンゾウ3


 この花をテレビで見た瞬間 「 ここに行ってみたい 」 と
今年最大の目標にしました。


岩ゆり

 近くに 「 岩ユリ 」 も咲いていました。

 地元の人に 「 黒ユリ 」 の情報を聞きましたが、
私が探せるような場所には 「 ない 」 とのことでした。
 高い山ではないけれど、山の中には 「 黒ユリ 」 があるとの
ことでしたので、次回もし佐渡島に行くことがあれば、トレッキング
協会の人とでも、写真撮影をしようかな ? と考えております。

金北山0


金北山


金北山2


 もうひとつの目標であった 「 金北山 」 には、昼から登り、
一日で佐渡の目標全部終了してしまいました。

 この山を下山中に足を滑らせ 「 けが 」 をしてしまい、
その後の行動に少しだけ制約を受けました。
 痛かったです。
 それでも、佐渡島の旅行は楽しかったです。



平成30年2月4日 日曜日

 1月27日から29日まで、八丈島に行きました。

 八丈富士(854メートル)に登るためです。
 もうひとつは 「 南 だから そんなに 寒くないはずだ 」

 この 「 寒くない 」 は、期待はずれでしたが、雪のある
八丈富士は、良かったです。


八丈富士


八丈富士雪


お鉢廻り


八丈富士山頂

 三原山にも登りました。


牧場から三原山



三原山



桜2

 河津桜 かな ? 咲いていました。


 平成29年10月6日 金曜日


 9月30日 大井川鉄道井川線にある 秘境駅全国二位の
尾盛駅 に行きました。


尾盛駅


尾盛駅ホーム


狸


 尾盛駅にあったのは 「 狸の おきもの 」 だけでした。


 10月1日は飯田線で、全国三位の小和田駅・全国四位の田本駅
に行きました。


小和田駅


駅建物

 小和田駅です。 秘境駅にしては、立派な建物だと思いました。


田本駅



田本駅ホーム


道路からの案内

 崖の上にある集落からの田本駅案内です。

 下からここまで来るのは、大変です。
 当然、歩いて降りて行くと、上がるのは、苦労するはずです。


 平成29年6月26日 月曜日

 平成29年6月11日、初めての北海道旅行はどこに行くか ?
悩みましたが、同じ行くなら 「 日本一がいい 」 と思い、日本
一の秘境駅 「 小幌駅 」 に行きました。


トンネルから



小幌駅


駅風景1


駅風景2


 トンネルとトンネルの間は、わずか60メートルくらいあり
ました。すごい駅でした。


 平成28年10月24日 月曜日

 10月8日土曜日・9日日曜日・10日月曜日の3連休を利用して、
トカラ列島 「 悪石島 」 に行きました。


港2


御岳

 御岳(みたけ)584メートルに登りました。
 もちろん車でです。出会ったのは高尾山でみかけた 「 アサギマダラ 」
これにはびっくりしました。
 もっとびっくりしたのは、 「 昆虫採取 」 の3人です。
 私の後から車で登ってきました。おそらくどっかの大学の研究者だと
思います。


アサギマダラ


港


 すぐ真下に見える 「 悪石島の港 」 です。

対馬丸記念碑

 対馬丸記念碑です。


赤い花2

 きれいな赤い花を写真撮影しました。
 次回トカラ列島を旅行するのは、 「 新しい フェリーとしま 」 が
出来てからを予定しています。


 平成28年10月1日 土曜日

 9月25日の日曜日に、高尾山登山しました。


富士山2


富士山4


 高尾山から見えた 「 富士山 」 です。


アサギマダラ2


 高尾山で見つけた 「 アサギマダラ 」 です。

 一人での登山でしたが、楽しかったです。


 平成28年8月9日 火曜日


 7月17日 日曜日   五箇山・白川郷 18日 月曜日 黒部渓谷鉄道
(トロッコ列車)に行きました。


村上家


 最初に行った 村上家 です。


 近くの 流刑小屋 です。


流刑小屋2


 その後  相倉 に行きました。



相倉2


相倉4


 本当は、先に白川郷に行くべき所を、私の間違いで 「 後回しにしまし
た。 」 これは大きな誤りでした。


白川郷


 白川郷  です。


 神田家に入りました。


神田家


神田家2


 翌日の月曜日 かねてより行きたいと思っていた 黒部渓谷鉄道(トロッ
コ列車)に乗りました。



トロッコ2


欅平1


 終点の欅平駅です。

 ここから散歩して上流に行っての帰り道、行くときは気がつきませ
んでしたが、きれいな写真が撮れました。

 こういう雰囲気の中で、虹は綺麗でした。


虹1


虹2


 こういう景色が見れたことは、たいへんうれしかったです。

 去年の黒部第4ダムとは違ったいみで、うれしかったです。

 虹を狙って撮影した黒四も、今回偶然も、自分なりに満足
出来る写真撮影は、うれしかったです。


 平成28年6月19日 日曜日

 5月20日金曜日午後11時鹿児島港を出港するフェリーとしまに乗って、
トカラ列島の 「 平島 」 「 口之島 」 を旅行しました。
 仕事で行くと、大変つらいようですが、旅行となるとまったく逆で、とても
楽しい旅になります。
 「 トカラ列島 は 魅力満載 」 です。

 平島の目的は 「 ナゴラン 」 です。

ナゴラン3


ナゴラン4


 大峰荘さんに咲いていた 「 ナゴラン 」 です。


平島港から2


平島港から2

 上2枚の写真は 「 平島港 」 から写真撮影しました。


 22日午前平島を出港し、午後1時過ぎに口之島に着きました。


山2


 標高620メートル前後と、あまり高い山ではないので 「 簡単に登れる 」
と、予想しておりましたところ、とんでもない山で、地元の人ですら簡単には
登れない山でした。

 「 タモトユリ 」 の咲く場所と 「 野生牛 」 の写真撮影に成功しました。


タモトユリ1


タモトユリ3


牛2


 山にいる 「 野生牛 」 は、恐ろしい、そうですが、道路にいる
「 野生牛 」 は、人になれているから大丈夫だそうです。

 だからといって、簡単には近づけません。



北緯30度


 この口之島から南を 「 アメリカ 」 が占領していました。
 そのため十島村が、引き裂かれ、現在の三島村・十島村に
なったのです。


 平成28年5月8日 日曜日

 今年4月15日・16日・17日・18日と4日間福島に行って帰りました。

 そのうち旅行したのは、17日の日曜日と18日の月曜日でした。
 日曜日の午前中は、あいにくの雨で、ドライブだけでしたが、午後は
天候が回復したので、大内宿と鶴ヶ城に行きました。


大内宿2


大内宿3


 会津若松の 「 鶴ヶ城 」 です。

鶴ヶ城2


 18日の月曜日は、天候が回復したので再度磐梯吾妻スカイライン・
磐梯吾妻レークライン・磐梯山ゴールドラインに行きました。


雪景色2


 2日間も走ったので 「 十分 満喫 しました 」


きれいな景色


 この景色は 「 綺麗 」 です。

 チャンスがあれば 「 再度 福島県に行ってみたいです。 」


 平成28年5月1日 日曜日

 今年3月21日・22日と2度目の諏訪之瀬島に行って帰りました。
 トカラ列島の旅は 「 最高 に幸せ 」 を感じることが出来ます。
 もちろん、今回おそらく我が人生最初で最後の 「 火山爆発遭遇 」
でしたが、それでも楽しい旅でした。

桜1


桜2

 目的はもちろん 「 日本で一番南に咲く 山桜 」 でしたが、ごらんの通り
きれいな写真とはなりませんでした。


 今年3月19日・20日とトカラ列島宝島に行って帰りました。
 トカラ列島一人旅は、大変楽しいものです。


白百合

 なにしろ、福山・尾道近辺では、早くて 「 8月7日 前後 」 ですが、宝島では
3月19日ですから、比べることが出来ません。
 平成26年5月3日諏訪之瀬島に初めて行ったとき、咲いていてびっくりしたけれど、
宝島ではさらに早いので、そんな馬鹿な ? という感じでした。


海と山と空

 おそらく、陸からこんなきれいな写真が撮れるところは、宝島しかないのでは ?

私は、そんな感じでした。
 海・山・空、特に海の色が最高です。


平成27年11月12日 

 11月7日の土曜日、広島県SR経営労務センターの旅行で萩に行きました。

 最初に行ったのは毛利家の殿様の墓がある 「 東光寺 」 です。


東光寺2


 東光寺の本堂です。


本堂

 本堂の裏に殿様の墓があります。 


大名墓2



大名墓


 次に行ったのは 「 松蔭神社 」 です。 ここには松下村塾があります。


松下村塾2


 吉田松陰の家もありました。


吉田松陰宅


 松蔭神社 「 本殿 」 です。


松蔭神社2


 萩旅行はすべてバスで大変でしたが、楽しかったです。


平成27年10月3日 土曜日

 9月29日の日曜日に、東京出張を利用して 「 高尾山 」 に登りました。

 ケーブルカーで登りますから、歩く距離は大幅に短くはなりますが、それでも
「 高尾山 」 は、楽しいところでした。


高尾山1


ケーブルカー


高尾山4


高尾山5


高尾山6


 写真で見ると、 「 少し 大きいけれど ????? 」 私が言った花の名前は、
正解でした。
 なにしろ、3年間も山を探し回ったのだから ?

 次回は、11月15日の日曜日に 「 紅葉の高尾山 」 に登る予定です。


 平成27年8月27日 木曜日

 8月22日の土曜日に、佐賀市で行われた 「 遠田和夫氏日本行政書士会
連合会会長就任祝賀会 」 に参加してきました。


祝賀会


 タクシーの運転手さんに 「 23日の日曜日 どこか見ておくべき所は ?  」

との質問に 「 佐賀城 と吉野ヶ里 」 と言われたので、 「 2つは しんどい 」
「 吉野ヶ里 だけにしとこ 」 なんて考えて 「 吉野ヶ里遺跡 」 に行きました。

 遺跡の中を 「 バスが 20分 間隔 で走っています。 」

 これはどういうことかと言いますと、 「 めちゃくちゃ 広い 」 なにしろ朝9時か
ら入っても、12時までに全部見ることは 「 不可能 」 でした。

 入り口にあった 看板です。


 入り口


大賀ハス2


 大賀ハス です。

大賀ハス


 見張り台


 広い、広い、めちゃくちゃ 広い が感想です。

 もう一度見学に行くチャンスがあれば、行くことを考えております。


平成27年7月25日 土曜日

 7月19日 (日) 20日 (月) と2日間、黒部立山アルペンラインに行って
帰りました。


黒部ダム


虹


 黒部ダムの目的は、もちろん 「 虹 」 で、写真撮影に成功しました。

 遊覧船にも乗ることが出来ました。

 本来一番の目的は、当然 「 立山登山 」 ですが、19日の日曜日午
後2時30分頃 登山口になります 「 室堂 」 についたときは、雨のた
め翌日(月曜日)の登山が心配でした。

 朝、目が覚めると 「 雨がやんでいました 」 当然 「 立山に登ろう 」
と、シャツのまま山荘を出たところ、あまりにも寒いので 「 冬用の防寒着 」
を山荘の中に取りに入りました。


スキー


 登山道のすぐ上で 「 スキー 」 をしている人がいました。


雪道

 これが登山道です。
 これを登ると、下るときに ? 不安的中で、登るときはなんともあり
ませんでしたが、おそらく当日の 「 転げた チャンピオン 」 だった
のでは ? それくらい多く転げました。

立山


 途中から頂上を写真撮影


3003メートル


 当然 一番上まで登りました。


 平成27年3月17日 火曜日

 平成27年3月14日土曜日北陸新幹線が開業したので、その日の
夕方、東京から富山に行きました。


かがやき


富山

 私が乗った 「 かがやき 513号 」 です。


立山2


立山6


立山7


 平泉・三陸鉄道・盛岡も2台のカメラ、今回の富山も2台のカメラ
ですが、どちらも写真がうまく撮れませんでした。

 技術を・・・・・・・・・


平成26年12月19日 金曜日

 平成26年11月23日から25日まで岩手県を中心とし一部宮城県
に行って帰りました。

 最初に平泉 もちろん目的は 金色堂


覆堂

 この覆堂の中にあります。

 当日は、好天に恵まれ人が大変多かったです。

 
駅から歩いて近かったので、実際先に寄ったのは 毛越寺 です。


毛越寺本堂

 毛越寺本堂

 24日は目的の一つ 三陸鉄道 です。

三陸鉄道記念碑


三陸鉄道
 
 三陸鉄道 です。

 親切ですよ。 ますの遡上を 止まって見せてくれました。

さけ


 最終日の25日 午前中は 盛岡市内でした。


石割桜

 裁判所前にあります 「 石割桜 」 です。

 いろいろ写真は撮りましたが、自分が見た景色と、写真が ?

 どうも うまく撮れていないようでした。 2台のカメラを持参したのですが、
今回の反省材料です。


平成26年11月26日 水曜日

 平成26年11月16日 日曜日 紅葉狩りのため宮島に行きました。


鳥居


もみじ2


当日一番 「 綺麗だなぁ 」 と感じた紅葉です。


山頂

山頂も人だらけでした。 天候に恵まれ、誰しも考えることは同じです。



平成26年6月27日 金曜日

 6月7・8・9・10日と屋久島に行って来ました。

フェリー屋久島2


世界遺産


 私が乗った フェリー屋久島2 と 港にあります 記念碑です。

シャクナゲ4

 山全体が シャクナゲの花で 満開でした。


 宮之浦岳

 
 私の足では 「 宮之浦岳 」 までが、限界でした。

 とうとう 「 永田岳 」 には、行くことができませんでした。

 次回 屋久島に行くとしたら 「 何時になるか ? 」 まったくわかりません。
 もう、行くことができないかもわかりません。



 平成26年5月13日 火曜日

 5月6日に小宝島に行って来ました。

 噂では聞いておりましたが、まさに南国のようでした。

シンボル


 小宝島の シンボル です。


山から見た

 タケン山からの風景です。


アダン


 アダン だと思います。


果物


 パパイヤ だと思います。


ハイビスカス


 ハイビスカス  です。


 平成26年4月6日 日曜日

 東京から初めて富士山を撮影しました。

 新宿NSビル30階 から 5日に撮影

富士山1


富士山2


 4日に撮影した 都庁 タックスタワー  です。

 京王プラザホテル42階から撮影しました。

タックスタワー



 平成25年11月9日 土曜日

 先週の3連休プラス2日間で、トカラ列島 「 鹿児島県鹿児島郡十島村
中之島 」 に行って帰りました。

十島丸

 私が乗った フェリーとしま です。


牧場から


 この山に登るのが目的でした。  御岳 「 979メートル 」

 離島 では 4番目の 高さ だそうです。

 屋久島その次が 北海道の利尻島 3番目が 新潟県の 佐渡島

 ガス2

 この 御岳は 活火山です。

資料館


 この 「 資料館 」 は、是非行くべき施設です。

 施設の前には、鹿児島県天然記念物に指定されている 「 トカラ馬 」 がいます。

 小柄で、とても 「 かわいい 」 です。


トカラ馬


 離島 の 厳しさ を書き込んだ 石碑 です。


石碑

 「 汽船 も 亦 道路 なり 」


 平成25年5月25日 土曜日

 今日はシャクナゲの写真撮影をしたいため、クロボヤ峡谷に行きました。

 場所は 東広島市福富町上竹仁 です。 向原町に行く道から入っていきます。

シャクナゲ3

シャクナゲ5


 今年は 「 例年の半分以下 」 とのことでしたが、きれいに咲いていました。




平成25年3月31日 日曜日

 昨日の土曜日に、いつもの向原から鷹ノ巣山・カンノ木山に行きました。

寺山口バス停から

 寺山口バス停前  向原から豊栄に向かって、電信柱の左右にあるカーブ
ミラーを右に行くと、鷹ノ巣山・カンノ木山登山口に行きます。

豊栄から

 これは逆に豊栄から向原に向かって左に行くと、鷹ノ巣山・カンノ木山登山口
に行きます。

豊栄から大きく

 豊栄から向原に向かって  を  大きくしました。
 カタクリ 鷹ノ巣山  の  案内板が見えます。

カタクリ道路

 カタクリ が 咲いている  前の 道路です。


カタクリ説明

 カタクリ の 説明文です。

カタクリ
 
カタクリ  です。  鷹ノ巣山・カンノ木山の カタクリ は、 約1ヶ月近く遅く咲きます。


 平成25年1月13日 日曜日

 今日はいつもの、鷹ノ巣山・カンノ木山登山を福富からしたのち、隣の志和町まで車を走ら
せて、 「 時報塔 」 の写真を撮りました。
 いままで元気なときは、鷹ノ巣山・カンノ木山登山をした後、白木山に登っておりましたが、
現在はそんな元気が出てきません。
 足の状態が、まだいまいちです。

 鷹ノ巣山から白木山に行くときは、いつも通っていた道ですが、一度として 「 時報塔 」
が、こんなところにあるなんて知りませんでした。

時報塔2
 
 東広島市志和町  にあります  時報塔  です。

時報塔

 説明文です。

時報塔3

時報塔4

 ここの石碑には、 「 サルビア 街道 」 と書かれてあります。


 平成24年4月7日 土曜日

 今日は本来なら岡山県立森林公園に行く予定でしたが、なにしろもう少しというところになっ
て、道路に雪が多く前に進めませんでした。
 出来る限り努力してみましたが、駐車場までたどり着くことが出来ず、残念無念あきらめま
した。それにしても、4月7日なのに道路の雪で前に進めないとは考えもしませんでした。

 そういうわけで、松浦先生の案内で和気富士に登ることにしました。

和気看板

 時間が遅かったので、Bコースを歩きました。
 このコースの山は、和気富士標高170メートル・竜王山220メートルくらいと低いけれど、そ
れなりに楽しいコースです。
 歩く人の多さには、正直 「 びっくり 」 しました。

和気つつじ

 つつじを見るのも、目的のひとつでした。

和気すみれ

 途中で松浦先生が見つけた 「 すみれ 」 です。


和気椿
 
 ふもとの神社にあった 「 椿 」 です。 ここの神社には、大きな椿・きれいな椿・めずらし
い椿がありました。

 
 和気富士から帰るには時間が早かったので、近くの閑谷学校に行きました。

国宝講堂

 国宝 閑谷学校 講堂 です。

閑谷学校 門

 正面の 門 です。

石垣

 実にみごとな 「 石垣 」 です。  一度 実物を見る 「 価値 」 あるものです。

邸内から講堂

 300円払って 内から 講堂 を撮りました。


講堂内部

 講堂 内部の写真です。

 本日の 「 大失敗 」 いつも失敗が多すぎる私ですが、今回も写真を撮ろうとしたら、失
敗に気がつきました。

 一眼レフカメラは、望遠だと近くが写せません。それを知りながら 「 望遠のまま 」 中に
入り、 「 あらら 」 残念なことに、自分が撮りたいような写真にはなりませんでした。

 次回 「 秋 」 に行く予定なので、そのときは 「 バッチシ 」 の写真をお見せします。



 平成23年12月17日 土曜日

 いつもの鷹ノ巣山・カンノ木山に行ったところ、鷹ノ巣山で大変きれいな景色に出会うことが
出来ました。こんなにきれいな景色は、めったなことでは見ることが出来ません。







 この次も見られたら良いなぁ と感じました。

 平成23年11月20日日曜日



 左が鷹ノ巣山(922M)  右がカンノ木山(892M) です。 大和町から福富町に入ったところです。



 この交差点を右に行きます。 するとすぐ 次の道路標識が見えます。



 前の交差点から100Mくらい進みますと、車がこちらに走ってきているところくらいになります。
 そこを左に行きますと、鷹ノ巣山登山口(県央の森)に行きます。



 この看板の後ろに中心があります。



 石の玉があるところが広島県の中心です。





 平成23年11月3日木曜日

 今日はいつもの鷹ノ巣山・カンノ木山に安芸高田市向原町から登るべく出かけて、林道の草を地元
の人が刈ってくれていたので、残っている部分だけ少し整備しながら、いつも休憩するところまで登り
ました。
 これから再度登山開始と思って時間を調べるため携帯を・・・・・・・・・と胸のポケットに手をもってい
くと、あらら・・・・・・・・・ないではないか ? 途中落としたのか ? 家から出るときに忘れたのか 
? どちらにしても探しながら急遽下山しました。
 落としていないようだったので、家を出るときに忘れたのだろうと思い、今日すべく仕事をして一段
落して家に帰ったところ、やっぱり家の中に携帯はありました。

 そういうわけで、三原市久井町にあります 「 宇根山 」 に昼飯を食べるため行きました。


 頂上にある山門です。


山門


弘法大師


  大きな 「 弘法大師 」 です。






 山頂近くにあります 「 宇根山家族旅行村 」 です。  利用するときは、手前にあります 「 管理
棟 」  に申し出る必要があります。


宇根山家族旅行村


 平成23年10月22日
  
 三原市大和町蔵宗にあります、芦田川源流に行ってきました。
 椋梨から入ってオタフクソースの大和工場を通り過ぎて、かなり走るようになりますが、
蔵宗に入ると 「 芦田川源流 」 の看板がありますから、そこからは迷わず行けます。

 源流にあります 「 記念碑 」 です。

源流

 源流にあります 「 水分神社  みくまりじんじゃ 」 ここから水が出ています。

水分神社

 源流にあります 「 看板 」

源流看板

 ちょうど 「 看板 」 の後ろに咲いていた 花 です。 きれいだったので写真に撮りました。

芦田川源流花

 いつもの鷹ノ巣山・カンノ木山の帰りによりました。 
 昼弁当を持って行っていたら、ちょうどその時間だったのでよかったのですが、今日は
帰るときちょっと立ち寄ってみようと、そのとき考えたので、持参しておりませんでした。

 春には 「 水芭蕉 」 の花が咲きますから、そのときの源流はきれいです。
お問合せ
神田勉社会保険労務士事務所
〒721-0975
福山市西深津町5丁目23番40号
TEL:084-921-8740
FAX:084-921-8747
メールでのお問合せ